2015/08/27

スマホカメラの黒点

スマホを分解、洗浄する道具

スマホの裏蓋を外したところ。この後パーツを外してホコリや汚れを取りました。
現在、使っているスマホ、sony Xperiaは使い始めてから3年以上経ちました。
何事もなく使っていたのですが最近スマホで撮った写真に黒点が見えるようになりました。

原因を調べてみるとゴミが原因ということがわかりました。そのごみが原因で黒点が写る原因が
レンズカバーの汚れともう一つはCMOSセンサー上についているの2つのようです。

レンズカバーの汚れなら、メガネクリーナーなどで洗浄すれば汚れはとれるのですが、どうやら後者が
減のようでした。ならばとスマホを分解して確認してみたところどうやらアウトレンズについている
スポンジ(カバーとのクッションのためについている)が劣化してボロボロになっていたようで
ドラーヤーで温めて裏カバーを剥がしてみたらバラバラと黒い粉が落ちてきました。

カバーの内外を洗浄しても黒点は消えないのでやはりCOMSセンサーにゴミが入り込んでいるようで、
これを修理に出そうにもソニーやドコモショップでは受け付けてくれないので、アウトレンズそのものを
自分で交換してしまおうとネットで部品を探して注文をしました。

もちろん新品で部品を売っているわけでもなく壊れた中古品から部品取りして販売しているサイトを
探して注文しました。
新しいスマホに木種変する手もあるのですが、カメラ以外なんの問題もなく動いていますし
まんまと機種変更することが無駄な気がしたのでとりあえずやれるとこまでやってみようと思います。

※スマホは分解掃除した後は組み立てなおして普通に使ってます (^^;)


CMOSセンサ
相補性金属酸化膜半導体を用いた固体撮像素子(シーモスイメージセンサ)
光を電気信号に変換するセンサー。CMOSセンサーのメリットは、信号読みだし速度の速さと少ない消費電力。また周辺回路も含めてチップ化することができるため、カメラ付き携帯電話やトイカメラなど、小型化やコストダウンを優先した製品に多く使われています。

0 件のコメント:

美白