2015/02/23

三根山藩跡

三根山藩跡

今日はすごく久しぶり(10年ぶりくらい)にコレを着ました。

居宅近く新潟市西蒲区峰岡に米百俵で知られる三根山藩跡地があります。近くを通りかかったので1枚写真を撮りました。

戊辰戦争(北越戦争)で河井継之助が率いた長岡藩が敗れて、7万4千石から2万4千石に減らされ財政に窮し、この窮状を見かねた長岡藩の支藩、三根山藩から米百票が送られましたが、
長岡藩の大参事、小林虎三郎は藩士に分け与えず売却して学校設立の費用とする事を決めました。

この決定に反発した藩士達が抗議に駆けつけると、それに対して虎三郎は、
「百俵の米も、食えばたちまちなくなるが、教育にあてれば明日の一万、百万俵となる」
と押し切り、この米百俵の売却金によって開校したのが「国漢学校」であり、洋学局と医学局が設置された。

この話が全国的に知られるようになったのは内閣総理大臣だった小泉純一郎が、小泉内閣発足直後の国会の所信表明演説で引用されて有名になり、2001年の流行語にもなりました。

0 件のコメント:

美白