2014/07/23

espadrille Topsider

水に溶かして汚れ落としに使用

陰干し中

汚れシミでムラに茶色かったのがすっかり元通り
履きふるして汚れたままで放置しておいた古いTopsiderのエスパドリーユ、シミ汚れもあり処分仕様かと思ったのですが、きれいになればまだ履けそうなので洗ってみようと一昨日からセスキ炭酸を溶かした水に一晩つけておいたら汚れが溶け出してびっくりするくらい水が汚れていました。

これは、しみついた汚れが溶け出して取れたのだと思い、さらに洗剤をつけてブラシでこすり洗いしてからさらに一晩水を替えながら洗ったあと洗濯機で脱水して日陰で乾燥したところ、見事に汚れが落ちて昔の姿に復活しました。

素足で履くと気持ちのよいエスパドリーユ、この夏復活です。。


エスパドリーユとは、ジュード麻などの軽い縄底に綿キャンパス地などでラフに甲部を覆った、スリッポン型の簡単靴。現在では縄底のリゾートサンダルのことをさす。
もとはフランスとスペインの国境近くの町、バスクで愛用されていた靴のことで、フランスやスペインの船乗りや港湾労働者、バスク地方などで履かれていた海兵用のわらじ風のサンダル、または短靴で、現在では簡便なリゾート・シューズやカジュアルなタウン・シューズとして用いられている。紐をつけて、足首で巻いて留める形のものもある。
参考文献:ファッション辞典

2 件のコメント:

Gunclub さんのコメント...

suwakkyさん、おはようございます。

この時期必須のエスパ、いいですね!「エスパドリーユ」VS「エバンス」でよく特集組まれてました。懐かしいです。

スホーイ25、ウクライナきな臭いです。

suwakky さんのコメント...

Gunclub さん こんにちは。
最近のエスパは随分おしゃれでサンダルタイプも多くなりましたね。素足で履くエスパリドリーユは暑い夏にピッタリですね。(^^♪

ウクライナ情勢、混沌としていますね。。。

美白