2014/10/11

車のバッテリーが突然死



昨日の朝、出勤前に車のエンジンをかけたらかかりが悪く2度ほどセルを回してエンジンを始動したあと仕事に行きました。
仕事終わりにエンジンをかけたらウンともスンとも言わず、バッテリーが上がった状態になってしまい、応急処置でブースーターケーブルで他の車とバッテリーをつないでエンジンをかけて帰宅しました。

昔の車なら走行している間にバッテリーに充電されるのですが、今朝エンジンをかけてもまったくかからず、これはバッテリー交換しなくてはと思い昼休みに車屋さんに行きバッテリーの交換をしました。

結局はバッテリーの寿命だったようですが、昔のバッテリーは、兆候があらわれ徐々にダメになって行く感じがわかったのですが、最近のバッテリーは寿命が近いと突然死するようです。

おまけに寿命で上がってしまったバッテリーはエンジン始動できなくなった車に、他の車からブースターケーブルで繋いでエンジンを始動しても、全くバッテリーに充電しないのです。さらに、エンジンを掛けてしばらく放置して、バッテリーに電気が充電したころに一旦、エンジンを止めてから再始動させようとしても、全くセルモーターが動かず、寿命が来たバッテリーは何をしてもダメらしいのです。

これからは寿命年数を考慮して、定期的に交換をしなければイケないようです。

今回はVWの純正バッテリーを供給しているドイツのVALTA(バルタ)SLIVER(純正と同じもの)に交換してもらいました。

0 件のコメント:

美白