2014/05/24

スーツ姿にローファーはNG?

「スーツ姿にローファーはNG?」
5月22日付けの日経ビジネスオンラインに掲載されていた記事です。
下記に一部抜粋しました。
===============================================================
ビジネスシーンで時々、ローファーを履いている人を見かけます。

 ローファーとは、足の甲の部分にU字型のパーツが縫い付けられ、その上に飾り帯状の革が付いた紐なしタイプの靴。「ローファー」は英語では“loafer”。怠け者という意味です。
 靴紐をいちいち結ぶ必要がなく、簡単に履いたり脱いだりできるのが、名称の由来と考えられています。

 このローファーは、正式なビジネスシーンで履くのは実は不向きです。ローファーは カジュアルシューズに分類されるため、基本的にビジネスシーンで履く靴ではないとされています。

以下続く http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20140513/264520/

意外と身近に多くいるので言えなかったことなんですね。。同じニオイのするなんちゃってIVY、TRADの人に意外と多いスーツ&コインローファーですね。
紐靴がめんどうならせめてタッセルスリッポンにしましょうね。。。
ビジネスの服装は相手に敬意を払うためのものと教わった記憶があるけどいつどこで誰からかは覚えていないけど、そういうことなんですね。

8 件のコメント:

Gunclub さんのコメント...

suwakkyさん、おはようございます。
「アイ・シンク・ソー・トゥ!」そしてほんとにいいづらい。

ただ、もしトム・ブラウン氏などの短パンスーツのときのみOKかも知れません、と考えます。

Maggot さんのコメント...

私の場合はホテルに勤務しているので、仕事柄キャップトゥかプレーントゥになってしまいます。
やはりスーツにローファーは違和感がありますね。
と言いながらパンツの裾はW仕上げなので、あんまり言えた義理じゃないのですが。
その反動で普段着は少し奇妙な恰好でも勇気を出して楽しんでいます。
ロファーはジャケットスタイルか、デニムスタイルに出番が多いです。

suwakky さんのコメント...

Gunclub さん、こんにちは。
服装が相手に敬意をはらう手段の1つだということなんですが、オンのシーンで自己主張と考えているからなんでしょうね。きローファーの語源とか知っていればスーツにローファーははかないと思いますけど。。。

suwakky さんのコメント...

Maggotさん、こんにちは。
オフにローファーは大活躍ですよね。デニムにローファーは学生の頃から好きな組み合わせですしいいですよね。近頃はオフにジャケパンにローファーの出番がボクも多いですね(^^)

trad-gang さんのコメント...

そんなに意識はしておりませんが
振り返ってみるとスーツにはローファーは履いていませんなぁ…
唯一コットンスーツには合わせていますわ !!
このコットンスーツと云うのが正式なビジネスシーンでは通用しないのかもしれませんね !!
まぁ職種にもよると思いますが…

suwakky さんのコメント...

trad-gangさん、こんばんは。
日本は出先で靴を脱ぐことがあるので、確かにローファーは脱ぎ履きが楽なのですがタッセルを履くという逃げ道(?)があるのでそれで対応すればよろしいかと思うのですけどね。。

扇船 さんのコメント...

suwakkyさん,こんばんは。

はい,私も同意見です。なんか足下しまらないような。スーツは編み上げ靴で決まりではないでしょうか?

suwakky さんのコメント...

扇船さん、こんばんは。
同感です。ジャケパンならよいのでしょうが、
基本の相手にに敬意を払うということがどこかに行ってしまっているんでしょうね。

美白